父の入院

実家から電話がかかってきた。
珍しいなぁと思いながら話を聞くと、
父が入院するから同伴して欲しいと言うことだった。

もう75歳になる父が入院ってヤバいかと思ったが、
どうも昔から悪い腰が悪化して手術するということになったらしい。

平日だったけど仕事を休んで、昼ごろ実家に行った。
事の詳細を聞いて、「じゃあ病院に行こうか」と言って、
父を見ると杖をついて歩いてきた。

年齢的には普通のことなのだろけど、自分の中で衝撃が走った。

離れて暮らしているから、知らないことも沢山あるだろうけど、
自分の親がそこまで弱っていることを知らないなんて自分に腹が立った。

父とはあまり仲が良いとは言えないが、それを見た瞬間、
昔の蟠りが消えていくのを感じた。

「孝行したい時に親は無し」というが、まだ元気なうちに孝行したいものだと思う。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です